スイッチボタン機能の説明

スイッチボタンがどのキーボードキーに対応するか選択できます。

例えば、Ctrlキーとxキーを同時に押す機能をボタン位置”左”に割り当てる場合、

ボタン位置左  Ctrl+X

とご指定下さい。

詳細は、割り当て可能な機能一覧をご参照下さい。

 

下図に設定例を示します。

 

4ボタンの設定例

 

3ボタンの設定例

 

2ボタンの設定例

 

1ボタンの設定例